体脂肪を最大限に減らす有酸素運動のタイミングとは?

running

有酸素運動は、体形改善を目標とする人に実施されています。有酸素運動が身体づくりに対してどこまで貢献できるかという疑問には、AthleteBody.jpのこの記事が分かりやすく説明してますので、ご参照ください。

有酸素運動を食事療法と並行して行うことで、体脂肪を減らす効果が見られています。このことから、消費カロリーを増やす選択として有酸素運動を行うのは悪くないと言えそうです。

トレーニングの目的・トレーニング経験・好みなどを考慮して、有酸素運動を取り入れるかどうかを決定していけるのがいいと思います。

体脂肪を最大限に減らす有酸素運動のタイミングは?

「空腹時に有酸素運動を行うことで体脂肪がエネルギーとして消費されやすい。」と言われています。このような方法で有酸素運動を行ったことのある人も少なくないと思いますが、空腹時の有酸素運動は本当に減量効果を最大限にするのでしょうか?

そのヒントとなる研究を見てみましょう。

この研究では、女性20人の被験者を「空腹時に有酸素運動を行うグループ」と、「食事をした後に有酸素運動を行うグループ」の2つに分けました。どちらのグループも、ほどほどの強度のランニングを1時間・週3回のペースで4週間行い、体重・体脂肪量・除脂肪体重の変化が調べられました。また、食事については、カロリー収支がマイナスになるように設定されました。

4週間後には、どちらのグループも体重と体脂肪が落ちましたが、落ちた体重と体脂肪の量に差はありませんでした。

このことから、少なくとも4週間という期間では、有酸素運動を空腹時に行っても、食事の後に行っても、減量効果に差はない可能性がありそうです。もちろん、研究に制約が指摘されていますので、現段階ではっきりということはできません。長期的な調査で、違った結果が出てくる可能性は否定できません。今後の研究に期待したいところです。

この論文の著者がこれに関する記事(英語)も書いてますので、ぜひ参考にしてください。記事を簡単に説明すると、「空腹時で有酸素運動を行うと、筋肉のたんぱく質が分解がされ、身体づくりに不利になる可能性がある。よって、有酸素運動を空腹時には行わない方がいいかも。」と指摘しています。

まとめ

どのタイミングで有酸素運動をすればいいのかはさまざまな要因が絡んできます。自分で試した上で、長期に渡って継続できる自分の好きなタイミングを選べばいいのではないでしょうか。自分にあったやり方を探してみましょう!

Atlas Motohashi

シェアをしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてください!