記事を皆にシェアしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ヨーグルトを食べて身体づくり!

ヨーグルト

身体づくりに役立つ高たんぱく質

身体づくりや運動に力を入れている方であれば、小腹が空いたときのスナックとして高たんぱく質で栄養価の高い食品を探し回った経験があると思います。身体を激しく動かす人ほど、より多くのたんぱく質が必要とされ、筋肉作り、トレーニングからの回復、そして強い免疫にたんぱく質をきちんと補うことは重要であるとされています[文献]。また、たんぱく質をより多く摂ることで体重と脂肪をより落とし筋肉を出来るだけ維持する、身体を引き締めるダイエットを促すことも出来ます[研究]。したがって、筋力トレーニングで体形改善をする人が高たんぱく質の食品を探すのは自然なことです。

良質なたんぱく質源: 牛乳・乳製品

数多くある高たんぱく質な食品の中でも、牛乳や乳製品は良質なたんぱく源です。これらに含まれるたんぱく質は、筋タンパク合成に重要な役割を果たすアミノ酸・ロイシンが豊富に含まれています。身体作りに役立つ可能性があるということです。「牛乳や乳製品の摂取は体重、脂肪を増やすのでは?」という疑念も良く聞きますが、対象者によっては牛乳や乳製品の摂取は体重が少ないこととの相関性が見られます[文献文献]。これは、牛乳や乳製品が体重を落とすという直接の因果関係を必ずしも示してはいませんが、少なくともカロリー収支がコントロールされていれば牛乳や乳製品そのものが太る原因とは言えなさそうです。

一部で、牛乳・乳製品は健康に有害であるという言われ方がされていますが、その主張は誤っていることが科学的に証明されています。その他のことを考慮しても、牛乳・乳製品は非常に安全かつ健康的であると言えます。

高たんぱく質なヨーグルト:ギリシャヨーグルトとアイスランドヨーグルト

カナダで手に入るスキール

カナダで手に入るスキール

乳製品はどれでも良いたんぱく質源と言えますが、もし純粋に高たんぱく質を求めているのでしたら、ヨーグルト、特に「ギリシャヨーグルト」やアイスランドヨーグルト「スキール」は良い選択肢です。スキールは厳密に言うとチーズなのだそうですが、この2つは非常にたんぱく質を豊富に含んでいます。

製品によって厳密な数字に差は出ますが、200gをそれぞれ摂ると約16-24gほどのたんぱく質が摂れます。これは身体作りしている人にとっては嬉しい量です。

ギリシャヨーグルト、スキールは共に低糖なのも嬉しいです。味付きのヨーグルトを楽しみたいけれども砂糖の添加が気になる方は生/冷凍のベリー類を加えてみても良いです。少しの食物繊維と、ポリフェノールが加わり、やや炭水化物の摂取量が抑えられます。また、他の乳製品と同様に日本人の方が不足しがちなカルシウムも多く含まれています。最後に、この2つの乳製品は乳酸菌などの胃腸に優しい細菌を多く含んでいます。より詳しい研究が必要ですが、それらが健康に役立つ可能性も考えられています。

味は、スキールの方がギリシャヨーグルトよりも酸味が抑えられまろやかです。酸っぱいのが苦手な方はスキールの方が好きになるかもしれません。食感は、スプーンにすくったスキールを逆さまにしても落ちないくらい濃いです。逆にこの濃さが気になる人もいるかもしれませんが、この辺りは好みです。料理が得意な方であればこの濃さを利用し、スキールを使ったチーズケーキも作れてしまいそうです。

アイスランドヨーグルト「スキール」はまだ日本では手に入らないとのことですが、ギリシャヨーグルトは日本でも比較的手に入りやすいと聞きます。何かの折にスキールを見かけましたら是非お試しください。

これら2つの乳製品は、決して病気を予防したり治したり出来る「スーパーフード」ではありません。これだけに偏って食べるのは問題ですが、たんぱく質やカルシウムを美味しく補給することができる良いスナックです。同じ栄養をしっかり摂るのならば、美味しく食べられるものを選んでいきたいですね!ぜひお試しください!

Atlas Motohashi

アイキャッチ画像Copyright: arinahabich / 123RF Stock Photo

記事を皆にシェアしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしましょう!