記事を皆にシェアしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

急激な減量はリバウンドにつながるか?

ダイエット女性

短期間に急激に体重を落とすとリバウンドも激しい

減量をするときには良く聞く格言ですが、この格言がいつでも当てはまるとは限らなさそうです。

204名の肥満の人を対象とした研究では、減量後に定期的な栄養士によるカウンセリングが行われた場合には、12週間かけて体重の12.5%以上落とした人と、36週間かけて同じだけ体重を落とした人とで、減量後144週間でリバウンドした体重の量に明確な差は見られませんでした。つまり短期間に体重を落としたとしても、適切なフォローアップがある場合では、その後のリバウンドには影響がない可能性があります。

興味深いことに、短期間で体重を落としたグループでは、81%の人が体重の12.5%以上の減量に成功したのに対し、ゆっくりと落としたグループの達成率は50%にとどまりました。このことから、急激な減量を行った場合、リバウンドの量が必ずしも大きいわけではないことに加え、減量の達成率がゆっくり減量をするよりも高い可能性があります。

注意してもらいたいのは、短期間で体重を落としたグループは「ミールリプレイスメント」と呼ばれる代用食を利用していたことで、減量中の食事内容に悩まなくても良かったという利点があります。また、体重が一気に落ちたことでモチベーションが上がり、減量の継続が容易であった可能性も考えられます。これらが減量の目標達成率の高さにつながった可能性は十分考えられます。

急激な減量のデメリット

急激な減量に全くの欠点がないわけではありません。システマティックレビューでは、カロリー制限がよりキツいほど、つまり早い減量が可能な食事制限では、より多くの除脂肪量(筋肉を含む、体脂肪以外の量)が失われることが示唆されています

有酸素運動や筋力トレーニングで、失われる除脂肪量が抑えられることも見られていますが、ボディビルやフィジーク競技のためや、一般的な体形改善でも筋肉量を可能な限り維持するには、カロリー制限を厳しくする、急激に体重を落とす減量方法はあまり向かないことが分かります。

最後に重要な注意点で、急激に体重を落としていく中で体調を崩したケースが何件か報告されています。必ずしも因果関係ははっきりしていませんが、もし短期間で大幅な体重を落とす場合には、健康状態には十分に注意しながら減量を行ったほうが良さそうです。

まとめ

「どのような食事と運動で減量をするのか」「減量の目標達成後のフォローアップはどうか」「個人のモチベーションの高さはどうか」などを総合的に考慮した上で、減量の方法を変えるのが大事だと感じます。

ただ、人によっては食事や運動に注意しながら短期間で体重を落とすのも場合によっては「あり」かもということが考えられます。これは体形改善などの、筋肉量を可能なかぎり維持しながらの減量を望む場合にはオススメできませんが、体重を落とすことで健康に対して何らかのメリットがあると判断される場合にはありなのかもしれません。

自分に合ったやり方を探してみましょう!

Atlas Motohashi

記事を皆にシェアしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしましょう!